BLOG

「善玉菌」「悪玉菌」の違いとは?

健康志向情報

こんにちは!Office MYCインターン生です。

 

よくニュースやCMで、「善玉菌」「悪玉菌」のワードを聞くことがあります。

そこで疑問に思ったのが、「何にとって善玉・悪玉なのか」ということです。

 

今回、そんな意外と知らない善玉菌と悪玉菌について調べてみました。

 

腸内細菌の種類

腸内細菌は、種類ごとにグループを作ります。その状態を「腸内フローラ」と呼びます。

善玉菌及び悪玉菌は、腸内に存在する細菌をカテゴリー別に呼んだ名称です。また、日和見菌と呼ばれる、悪玉菌が腸内で優勢の時に加勢して働く最近も存在します。

 

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌などがこれにあたります。

おもな働きは以下の通りです。

①腸内環境を整える

下痢や便秘予防につながります。

 

②免疫力アップ

カゼ・感染症予防に効果的です。

 

③食物の消化吸収を促進

 

④ビタミンの合成

乳酸菌により、ビタミンB1、B2、葉酸などがごうせいされます。

 

悪玉菌

ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(毒性株)などが該当します。

①腸内の腐敗を促進

下痢や便秘をおこす原因を作ります。

②アンモニア、硫化水素、インドールなどの有害物質を作る

③免疫力を弱める

④発ガン性物質を作る

有害物質の中でも、ガンになりやすくする物質が作られることがあります。

 

腸内細菌の理想の比率

腸内の善玉菌・悪玉菌・日和見菌の理想の比率は2:1:7と言われています。

善玉菌の比率が悪玉菌よりも2倍近く多いことがポイントです。

 

ヨーグルトをはじめとする発酵食品等で、日常的に善玉菌を増やすような食生活を心掛けていきたいですね。

 

・参考文献

雪印メグミルク ホームページ

乳酸菌とサプリ ホームページ

 

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.