BLOG

【実は春だけではない】さまざまな花粉症

衛生管理お役立ち情報

まだ寒い日が続きますが……

 

こんにちは!

 

2月もほぼ折り返し。3月まであと半月もありません!

 

暖かくなるのでだいぶ過ごしやすくなる。

と思いきや、今度は花粉症の季節がやって来ます(TーT)

 

全投稿でも紹介させていただいた通り、春の花粉対策にぜひエアキレイを使っていただけたらと思います。

 

しかし、花粉は1年中存在します。

「秋なのにどうしてこんなに目がかゆいんだ!」と思ったとき。

実はその症状も花粉症のせいかもしれません。

みなさんがどの時期・種類の花粉のアレルギーであるのかを把握しておくことが大切です!

 

 

こんなにある 花粉の種類

代表的な種類を挙げるとこれだけあります。

 

冬~春

スギ(2~4月)

花粉症で最もよく聞かれる種類。植えられている数も多く、花粉の飛散距離が長い。鼻アレルギー、目・鼻・のどの炎症などが挙げられる。

春~夏

ヒノキ(3~5月)

スギ花粉と同様広範囲で発症する。スギ花粉アレルギーの両方を有すると重症化する傾向にある。

シラカンバ(4~6月)

北海道での花粉症の主な原因。「口腔アレルギー」を引き起こすことがある。

イネ(5~6月)

花粉の飛散距離は短いが、稲を刈った際に舞い上がる大量の花粉には注意。

鼻や目の症状、小麦の食物アレルギーを発症しやすくなるなどがある。

夏~秋

ブタクサ(8~10月)

スギ、ヒノキに次いで多い。背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ避けられる。鼻、目の症状、喘息の原因にも。

 

ヨモギ(8~10月)

繁殖力が強く、雑草の生い茂るところに多いので、近くを通るときは注意が必要。鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどが主な症状。

 

当てはまりそうなものはありますか?

もし心当たりがある場合、重症化する前にすぐに医師の相談及び治療薬の処方をしてもらってください!

 

そして、冬も春のお悩みも、エアキレイで予防をしていきましょう!

 

<参考>

・エスエス製薬HP https://www.ssp.co.jp

 

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.