BLOG

この時期特に注意!花粉皮膚炎とは?

健康志向情報

くしゃみ・鼻水・目の充血だけじゃない!

こんにちは!Office MYCインターン生です。

 

3月ももうすぐ中旬。毎朝の花粉情報が欠かせなくなってきました。

今回は、そんな花粉症の中でもあまり知られていない症状「花粉皮膚炎」を取り上げたいと思います。

 

花粉症、くしゃみ、鼻水、目の充血だけではないのです……。

 

花粉皮膚炎とは?

花粉皮膚炎は、花粉症の影響で皮膚に現れる症状のことです。

 

感想や肌のこすりすぎ(例:鼻をかむ、まぶたをこする)によって、肌のバリア機能が低下します。

その状態で花粉が皮膚の中に侵入すると、アレルギー反応を起こし発症します。

上まぶた、頬骨、あご、首など、露出が多い部分に起こりやすいのが特徴です。

特にアトピー性皮膚炎の患者のように、既に湿疹ができてしまっている場合は、患部からバリア機能が低下して花粉が皮膚の中に侵入してしまうことで、花粉皮膚炎が起こります。(acts情報局 更新2019年2月22日)

他にも、

・化粧水がしみる

・肌が乾燥して粉がふく

などの症状もあります。

 

予防対策

一番大切なのは、発症する前に予防することです。

前々回のブログでも対策を紹介しています。ぜひご覧ください。

http://handkirei.com/handkirei/blog/%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%81%8b%ef%bc%9f%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%b3%e8%8a%b1%e7%b2%89%e5%af%be%e7%ad%96/

加えて花粉皮膚炎対策として、「刺激の強いスキンケア商品を控える」ことも重要です。

特に敏感肌の人の場合、刺激の強いクレンジングオイルや化粧水などによって、肌を傷めている可能性があります。

 

敏感肌用の化粧品で、肌の調子を整えることが、花粉を肌に侵入することをより防ぎやすくなります。

 

少しでも花粉を自分の体内に入れないように、できる限りの対策をしていきたいですね。

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.