BLOG

こんな時期にも!花粉情報

健康志向情報

こんにちは!OfficeMYCインターン生です。

 

ここ数日は晴れて気持ちのいい日が続いていますね。ですが最近すごく目がかゆかったり、鼻水が出るんです…

風邪をひいているような感じはしないので花粉か?と思ったらビンゴでした。

 

私と同じような症状に悩まされている方もいるかもしれないので、その情報をご紹介します!

 

秋の花粉

夏から秋にかけての花粉はイネ科・キク科が多いようです。

イネ科の植物
イネ科の植物では、スギ・ヒノキ花粉症と同じような鼻の症状、目の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状が出やすいことが特徴です。

・カモガヤ、オオアワガエリ/どちらも花粉の飛散時期は5~8月で、夏の花粉症の代表格となっている。牧草として栽培され、道端や河川敷にも生息する。

キク科の植物
キク科の植物が原因の場合、症状はスギ・ヒノキ花粉症と同様、鼻や目の症状が起こります。ブタクサはどこにでもあるので、近所に畑や河川敷がある場合はとくに注意しましょう。

・ヨモギ/全国的に広く分布。8~10月に花粉が飛散する。とても繁殖力が強い。

・ブタクサ/秋の花粉症の代表格。道端や河川敷など、全国的に広く分布している。

 

http://www.kyowa-kirin.co.jp/sp/kahun/basic/summer_fall.html

花粉症ナビより

 

ブタクサの花粉症がでている友人が多い気がします。

これらの花粉は、スギやヒノキと違い、飛散距離が短いため、なるべく近づかないようにすれば、症状が軽減されるようです。

 

今の季節は気温がちょうどよく、お出かけしたくなりますが気をつけましょう!

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.