BLOG

ベジタリアンとは?

学生インターンの活動報告

よく聞かれるようになった「ベジタリアン」

ニュースで時々話題に挙がる、「ベジタリアン」。

肉や魚などの動物性食品をとらず、野菜・芋類・豆類など植物性食品を中心にとることを「菜食主義(ベジタリアニズム)」といい、それらを実行する人のことを「ベジタリアン」と呼んでいます。

 

日本ベジタリアン協会によると、以下のように説明されています。

・ベジタリアン (Vegetarian) という言葉は英国ベジタリアン協会発足の1847年に初めて使われた。ベジタリアンという言葉は「健全な、新鮮な、元気のある」という意味のラテン語 ‘vegetus’ に由来する。

動物性食品を「摂取しない程度」は、各ベジタリアンによって差があり、それによって呼び方も変わります。

 

一般的なのは、肉や魚は食べないが卵や乳製品は食べる、オボ・ラクト・ベジタリアン。オボ・ラクトは、ラテン語でそれぞれ卵・牛乳を意味します。

 

一番厳格なベジタリアンは、ビーガン。肉類に加え卵・乳製品なども一切食べません。つまり、本当に植物性食品しか食べない人達です。

 

ベジタリアンになる理由

ベジタリアンになるきっかけには、そのようなものがあるのでしょうか。

主なものとしては、以下のことが挙げられます。

 

・宗教的な理由:ヒンズー教では牛、イスラム教では豚など、宗教において食べてはいけないものが提示されていることがあります。日本も肉食は禁止でした(魚はOK)。精進料理はある意味「ベジタリアン向けの料理」なのかもしれません。

 

・動物保護の観点:「食肉のために動物が殺されるのを見て胸が痛くなった」という理由などがそれにあたります。肉を食べる以上、命の犠牲は避けられません。それを見て「動物がかわいそう」と感じる人もいます。そのため、なるべく動物の犠牲を伴わない食生活を心掛けようとするきっかけとなるようです。

 

・その他:肉をうまく食べれない、においがきつく感じるなど、そもそも肉や魚が苦手になった人が自然とベジタリアンにシフトするケースもあります。

 

 

 

私自身はお肉が大好きなので、ベジタリアンになれないような気がします……(^^;)

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.