BLOG

ホッと一息。温泉&お風呂

温泉の効能って?

こんにちは!OfficeMYCインターン生です。

最近温泉に入ることのできるチャンスが多かったので気になったのですが、温泉の効能ってどこからどう作用するんでしょうか?

 

気になったので調べてみました!

Wikipediaによると、以下のようです。(下で簡単にまとめます)

 

化学的作用とは温泉に入っている成分が体内に作用することを指す。その成分は二酸化炭素食塩石膏アルミニウム硫黄、微量の放射能など十一種類に大別されており、各温泉ではこれらの成分を表示することが義務づけられている。そして、これによって医学的に作用し、効果を得られることを効能と呼び、今日の温泉ガイドではこの効能が盛んに喧伝されている。しかし、人体にマイナスに働く部分もあり、一部の疾病や症状を持った患者に入浴を勧めてはいけない禁忌症がある。効能として盛んに宣伝されている症状としてはアトピー痔疾胃腸病リウマチ腰痛神経痛高血圧症火傷などの外傷、骨折精神疾患などである。また、疾病以外にも美肌効果などを謳った温泉があるが、これらは全て厚生労働省からの泉質調査による表示義務に基づいている。だが、これらの効能は、温泉本来の成分が十分に残されていることが前提であり(温泉療法の問題にて後述) 、そうでないと療養、湯治に十分な効果を発揮しない。(Wikipediaより)

そもそもお湯に浸かるだけで血行促進や水圧によるマッサージ効果があるそうです。

温泉特有なのは上に引用したとおり、化学成分が体皮膚から吸収されて身体に作用する点です。それに加えて温泉地でのんびりすることによって、ストレスの軽減があります。

 

と、いうことは!温泉に行くことができればとても良いですが、様々な理由で行くことができないとき、湯船にゆっくり浸かるといいんです!

全身浴10分を続けてみましょう。

肩こりや眼の疲れに効くはずです!

 

1日の疲れは夜にリセットして毎日元気に過ごしましょう!

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.