BLOG

隠れインフルエンザとは?

衛生管理お役立ち情報

今年もインフルエンザが……

9月も中旬に差し掛かり、だいぶ涼しくなりました。

 

そうなると、もうすぐインフルエンザの流行も近づいてきます。

今月は既にインフルエンザによる学級閉鎖も出てきています。

「インフル発症で小学校が学級閉鎖 江戸川区、都内初」(2018/9/11)

(記事より引用)東京都教育委員会は10日、江戸川区立船堀第二小学校の2年生の1学級(在籍児童32人)で児童14人がインフルエンザを発症、もしくは似た症状で欠席したため、11日から14日までの4日間、学級閉鎖になると発表した。今秋に、都内の公立学校でインフルエンザの疑いで学級閉鎖となるのは初めて。

隠れインフルエンザとは?

インフルエンザなのにもかかわらず、高熱の症状のない状態であることを、俗に「隠れインフルエンザ」と呼ばれます。

 

インフルエンザと聞くと、高熱のイメージがありますが、必ずしも熱があるというわけではなく、場合によっては平熱・微熱であるケースもあります。

 

厚生労働省のホームページでは、インフルエンザの症状について説明があります。

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

熱が出るのは、体内の免疫がウイルスを撃退している最中に起こります。つまり、発熱は、体を治す力がしっかり働いていることを表します。

 

逆にその力が弱い高齢者や幼児などに、この「隠れインフルエンザ」の症状が出やすくなります。

 

熱はないけど、なんだかだるい、のどが痛い、と感じた方。

隠れインフルエンザかもしれません。早めに医療機関で診察を受けましょう!

 

 

※弊社では、インフルエンザ対策に向けた取り組みを積極的に行っています。詳しくはホームページをご覧ください!

ハンドキレイ(自動おしぼり機)

エアキレイ(次亜塩素酸水対応の加湿器):次亜塩素酸水はノロウイルス予防にも役立てられています。

 

 

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.