BLOG

本当にあった怖い話~熱中症になりかけた瞬間~

学生インターンの活動報告衛生管理お役立ち情報

暑い日が続きますが……

こんにちは!Office MYCです。

 

突然ですが、最近感動した瞬間はありますか?

本日のブログ担当が最近感動したことは、テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ)での、安室奈美恵さんとイモトアヤコさんのご対面です。

思わずテレビの前で

 

安室ちゃああああああん!!!!

と叫んでしまいました。

 

イモトさんの安室ちゃんに対する思いは、特定のアーティストを応援するファン・オタクとして見習うべきところがたくさんありました。私もイモトさんのようなファンになりたいと思いました!

 

前置きが長くなりましたが……

ついに8月に突入しました!あっという間ですね……。長いようで短い夏。いや、ここまで暑いと非常に長く感じますね。日差しが容赦ありません。

 

「あ、クラクラする」と感じる前に適度な休憩をはさみ、熱中症を予防しましょう。

私は中学時代、「まあ大丈夫だろう」と油断したために危うく熱中症になりかけました。

 

部活動の練習中での出来事

これは、部活動の練習中に起こった話です。その日は30度を超える暑さでした。

 

適度に水分補給や休憩をとっていたため、練習メニューである「校庭7周」「坂道ダッシュ5本」は余裕でクリアできるだろうと考えていました。

 

ところが、校庭5周目を過ぎたあたりからだんだん走ることがきつくなり、7周目を終えた後にはその場でへたり込んでしまいました。体は重く、視界も朦朧とし、息遣いが荒くなっていたことも覚えています。

その日は練習を止め、大事を取って帰宅しました。

 

あの時無理をして次のメニューをこなそうとしていれば、本当に熱中症になってしまっていたかもしれません。

 

この経験から学んだこと

猛暑の中での運動は想像以上に危険

通常の運動に加え、日差しの強さや熱によって、体内の水分や体力は自分の想定以上のスピードで奪われていくことが分かりました。

何もしていないのに自然と汗をかくような環境は特に気を付けたいと思いました。

 

体力を過信しない

「これくらいは大丈夫」と運動の止め時を決めなかったことは、後から考えると非常に恐ろしいことであると感じました。

 

過去の投稿にも書きましたが、自分の中で体力的にもメンタル的にも余裕がある内に休憩を取りましょう!

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.