BLOG

夏の感染症

衛生管理お役立ち情報

こんにちは!

いいお天気の日が続いていますね(*^^*)

 

しかし感染症は冬だけ…と思っていたら大間違いです!

食中毒以外にも、夏に注意しなければならない感染症がたくさんあるのです。

 

夏の感染症

子どもが感染しやすいものが多いですが、大人が絶対にかからない訳ではありません。楽しい夏を過ごすためにもしっかり予防しましょう!

手足口病

 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。

(日本医師会HPより)

 

感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染(日本医師会HPより)です。

リンゴ病

こちらも手足口病と同じく子どもがかかりやすいものですが、大人も注意が必要です。

大人の症状は手足の斑点と関節痛だそうです。

原因が分からないと他の病気と勘違いしてしまいそうですね。

まずは夏バテに注意

夏の感染症は夏バテで体が弱っているところに侵入してきます。

まずは夏バテしないように気を付けましょう!

 

もちろん、基本の手洗いうがいをしっかりすることも忘れずに!

 

 

 

 

 

参考文献

日本医師会HP http://www.med.or.jp/kansen/teashi_qa.html

みやけ内科循環器科HP http://www.miyake-naika.or.jp/03_katei/otona_ringobyo.html

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.