BLOG

~硬水と軟水の違い~

衛生管理お役立ち情報

こんにちは!Office MYCです。

 

よくコンビニで、ミネラルウォーターが売られている光景を見かけますね。時々「硬水」「軟水」とラベルに書かれているものがありますが、一体飲むと何が違うのか分かりません。

 

今回は、その普段口にする水について取り上げたいと思います。

 

ちなみに、このサイトでは、主にハンドキレイ・エアキレイの広報を中心に運営していますが、弊社のもうひとつのビジネスとして、ミネラルウォーター宅配業者向けの商材を取り扱っています!

水の硬度とは?

そもそも水の硬度とは何でしょうか。

 

実は<水の硬度の高低>は、

「水の中に含まれている、マグネシウムカルシウム(=ミネラル)の量の多少」

で決まります!

 

マグネシウム・カルシウム多いほど硬度は高く(=硬水)、少ないほど硬度は低く(=軟水)なります。

 

日本では米国の基準が広く採用されており、

カルシウム濃度(mg/ℓ)×2.5+マグネシウム濃度(mg/ℓ)×4.1

で算出されます。

 

硬度を分類する基準は様々ですが、

硬度100以下(0~60mg/ℓ未満)が「軟水」、101~300は「中硬水」(60~120mg/ℓ未満)、300以上(120mg/ℓ以上)が「硬水」

がおよその目安です。

 

よく見かける「硬水」「軟水」

コンビニなどでよく見かける様々なミネラルウォーターを、「硬水」「軟水」に分類してみるとどうなるでしょうか。

 

硬水→エビアン、ペリエ、ゲロルシュタイナー、コントレックス(←まさかの硬度1468!)²etc.

軟水→いろはす、南アルプスの天然水、クリスタルガイザー、ボルビック etc.

 

「硬水」「軟水」の使い方

一般的に硬水は、ダイエット用の水分補給として適していると言われています。

ミネラルには、脂肪を燃焼する作用があり、基礎代謝量を上げる働きを持っています。そのため、ミネラルを多く含む硬水の方が、軟水よりダイエット効果が期待できそうですね。

 

また、スポーツ後の水分補給にも、硬水が適していると考えられています。マグネシウムやカルシウムを硬水から摂取することができ、それらが筋肉の運動を助け、筋肉が痙攣したり、足がつったりといったトラブルを防ぐことになります。

 

一方、料理、特に和食や日本酒などには、軟水が適しているとされています。ミネラルが多く含まれていることによる硬水独特のクセが無いため、素材そのものの味を生かす料理によく使われます。

 

※硬水に飲み慣れていない人(特に日本人)や胃腸の弱い人は、急に多量の硬水を飲むと、お腹を壊すこともあるので、ダイエットの際は特に気を付けましょう!

 

 

用途に合わせて水を飲み分けるのも良いですね(^^)

 

ちなみにこちらも「水」を使った商品ですので、ぜひサイトをご覧ください!

http://airkirei.com

 

<参考>

・https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/jiten/life/04/

・http://www.landnp.jp/index.html

・https://mizunosusume.jp/mineralwater-hardness-856

・http://health-and-diet.com/hard-water-diet

 

 

 

 

BLOG記事一覧へ

@office_myc

PAGE TOP

Copyright © HANDKIREI PROJECT All Rights Reserved.